肌のざらつき改善方法~拭きとり化粧水は使うな!

ピーリングしてもざらつき感はすぐに戻る!

肌がザラザラでかさついている。

ニキビと毛穴の開きもひどい。

でも!

拭きとり化粧水やピーリングでツルツルなんだ!

あれ…?

何度やってもツルツルの綺麗な肌にならない…

すぐに乾燥してざらつきが戻ってくるよ…

それはそうです。

なぜなら、拭きとり化粧水もピーリングも間違いだからです。

確かに肌のざらつきは取れます。

でもそれは、ほんの一瞬の効果のみ。いわば幻の誤魔化し。

しかもそれを続けると、早ければ半年以内にもっとざらつきがひどくなるか、化粧水がしみて使えなくなる敏感肌のどちらかになります。

ちゃんとしたざらつき改善方法を知れば、肌は今より綺麗になるのは間違いありません。

なぜ拭きとり化粧水がダメなのか?ざらつき原因は?

拭きとり化粧水とピーリングは同じです。

ただどちらかというと、拭きとり化粧水のほうがダメです。

肌のざらつきが改善されない理由は、この間違った解決方法をやっているからです。

肌のざらつきの正体は硬化した角質

ザラザラしているのは水分量が少ない角質です。

拭きとり化粧水やピーリングはこの硬くなった角質を、アルコールや溶剤で柔らかくして除去する効果があります。

洗顔で取れない角質でも、拭きとり化粧水やピーリングだと簡単に除去できます。

次の日、またざらつきが戻る理由は?

しかし、拭きとり化粧水やピーリングでざらつきを除去しても、次の日にはまたざらつきが戻っていませんか?

それはなぜか?

簡単です。

ざらつきの原因が何も解消されていないからです。

ざらつく原因は、肌の水分量不足です。

拭きとり化粧水やピーリングは、乾燥したチーズの表面を削っているのと同じ。

ガサガサになったチーズの表面を削って新しい、みずみずしい部分が顔を出しました。

でも、保管方法が悪いとすぐにチーズ表面は乾燥してざらつきが戻っています。これとあなたの肌は全く同じです。

どうすれば肌のざらつき感がなくなるのか?

以上のように、拭きとり化粧水やピーリングは、ざらついている「部分」は除去できますが、ざらつきの「原因」な何も改善できません。

そして厄介なのは、このような間違ったケアはざらつき具合を加速させるということです。

セラミドを減らすスキンケアはざらつきがひどくなる!

ざらつく原因は、角質が乾いて堆積するからです。

よく、洗顔で落としきれないから拭きとり化粧水やピーリングで落とさないとダメ!という意見を聞きますが、それだったら角質が乾くのを防いだほうがよくないでしょうか?

角質は何重にも重なって角質層を形成しています。

ここにはセラミドなどの保湿成分が含まれています。

つまり、ざらつく肌というのは、セラミド不足で乾いている状態です。だからセラミドは超重要。

でも、拭きとり化粧水やピーリングで古い角質を毎回のように剥がしていると、それと一緒にセラミドも角質にくっついて減少します。

まだざらついている…もっと綺麗にしなくちゃ…

とピーリング等を繰り返すと、角質層が薄くなりセラミド量がさらに減少。

ピーリングしてもその日の内にガサガサになってしまうような、超乾燥肌になり、最悪は水でさえもしみるような超敏感肌になります。

肌が綺麗な人は拭きとり化粧水なんて使わない

そもそも、本当に肌が綺麗な人が拭きとり化粧水やピーリングを頻繁にしていると思いますか?

していませんよ?

している人は、1ヶ月に1回かそこらです。

つまり、美肌の人がやっていないことをやって、果たして綺麗な肌になれるのでしょうか?そこをよく理解してください。

セラミド量を増やせばざらつき感が出なくなる

では、ざらつきがないなめらかな美肌の持ち主は、なぜ拭きとり化粧水などを使用せずに、そんな綺麗な状態を維持できているのか?

それが保湿なのです。

ただ、一口に保湿と言っても違います。正確には保水です。

先ほどから出てきているセラミド量が多く、たくさんの肌水分量を維持できるのが美肌の人です。

なぜセラミド量が多い人は肌がざらつかないのか?

それは洗顔で古い角質が十分落ちているからです。

なぜ保水された肌はピーリング不要になるのか?

美肌の人は拭きとり化粧水などを使わずともざらつきがない。

その理由は、保水された肌の維持により、洗顔で十分に古い角質が取れているからです。

ざらつきがある肌は硬いお餅と同じ

先ほどはチーズの例を出しましたが、今度はお餅にしましょう。

つきたてのお餅は水分をたくさん含んでいますよね?

でも硬いお餅は水分があまりありません。

では、このそれぞれのお餅の表面を水で濡らしてこすってみましょう。

どうなるか?

つきたてのお餅は、水がちょっと白く濁ると思います。お餅の表面が削れて溶けているからです。

それに対して硬い乾いたお餅は、いくらこすっても水は透明なままです。

つまり、水分量が高いと餅の表面は柔らかく維持されるため、ちょっとこするだけで表面が削れるのです。

これが顔の肌でも同じことが言えます。

美肌の人は洗顔で優しく洗うだけで、ちょうど不要な古い角質だけ剥がれていきます。

それに対して乾燥している肌は洗顔ぐらいの刺激では取れないため、それが堆積してざらつき状態となります。

だから、肌水分量が十分なら、知らない間に古い角質は剥がれてざらつかなくなるということ。

ピーリングするにしても月1回で十分

ただ、肌水分量を維持しても、どうしても肌のターンオーバーが乱れると取りきれない角質は溜まってきます。

特に30代後半くらいからその傾向は高まります。

また過剰なストレスを浴び続けている人もターンオーバーが乱れて、肌細胞の生まれ変わりが遅くなり、肌表面に古い角質が溜まりやすくなります。

でも、そういった人であっても、美容クリニックでピーリングをするなら、月に1回で十分なくらいです。月に1度リセットするだけです。

家庭用であっても2週間に1度くらいで十分です。

拭きとり化粧水は自宅にあって、いつでも手軽に使えます。そのため、ざらつきが気になる度に使ってしまいがち。でもそれをやすとアッという間に角質層は薄くなり、弱い敏感肌になってしまいます。

しかも、保水力がなくなるから、敏感なのにザラザラという最悪なことになります。

これでザラザラお肌から卒業!ざらつき改善方法

拭きとり化粧水やピーリングをしなくてもざらつきのない肌を維持するにはどうすればいいのか?

それは肌の保水力を高めて、常に柔らかいみずみずしい肌を持続。古い不要な角質は軽い洗顔で自然に剥がれるようにするだけです。

最初の1ヶ月は我慢

正しいスキンケアに変えても、肌のざらつきはすぐに改善されません。

強い実感が現れるまでに1ヶ月はかかると思ってください。

その理由は、肌に保水力が戻って、ターンオーバーが正常化し、さらに角質層がある程度整うのに最低それくらいはかかるからです。

ざらつきが我慢できずに拭きとり化粧水に頼ってしまうと、また振り出しに戻ってしまいます。

浸透化粧水・ブースター美容液は禁止

浸透化粧水、ブースター美容液といった、肌へ化粧水をたくさん浸透させるものがあります。

あれも厳禁。

浸透化粧水・ブースター美容液などは、肌のバリア機能を破壊して化粧水が浸透しやすいようにするものです。

確かに水分は一時的に多く角質層に入ります。

しかし、角質層が乱れるということは、セラミドが失われることとなり水分維持力が低下します。

つまり、水分量が高まるの一時的で、使えば使うほど肌水分量はむしろ低下。肌がごわついてざらつき感がひどくなります。

セラミドを角質層に増やす

ざらつきは、肌角質層にセラミドが豊富にあれば発生しません。

セラミドは直接補うこともできます。

また、セラミド以外でも、角質層で長く水分を維持できる成分ならそれもO.K.

肌水分量が安定するとターンオーバーが正常化。下から新しい肌細胞が多く産まれてくることにより、古くなった角質が用済みとなり自然に剥がれやすくなり、ざらつき感が解消されます。

古い角質が剥がれて新しい角質が顔を出しても、しっかりとセラミドが水分を維持しているためモチモチした感覚が続き、部屋が乾燥していてもざらつき感が発生しなくなります。

泡洗顔に注意!洗いすぎでざらつき原因にもなる

洗顔はマイルドなもので十分です。

泡洗顔がいいとされていますが、実は泡洗顔は洗いすぎの主な原因となり、セラミドを多く失ってしまう原因となります。

泡洗顔は長時間洗いすぎてしまうため、普段の洗顔時間を半分くらいにするつもりで、まだ物足りないぐらいで終わらせてみてください。

とにかく、ざらつきは「削る」のではなく、自然になくなるのが正解です。洗顔で角質を除去しようとしないことが大事。

ざらつき具合がひどい人は、こんにゃくスクラブ入りのW洗顔不要のクレンジングがちょうどいいです。こんにゃくスクラブだけが肌の上に転がるように優しく洗うことで、古くて硬い角質部分だけうまく除去してくれます。ざらつき感が我慢できない人は試してみるといいでしょう。

ざらつき感改善に役立つ保水力化粧品

毛穴が目立っている人に

このブランドは成分の浸透・維持技術が抜けており、保水する成分を角質層に的確に長く維持することができます。

こちらはその中でも、肌のざらつき感に悩む人に多い毛穴に特化した内容です。

高技術の浸透維持力が、より乾いて硬くなった角質をしっとりとさせ、余分な角質の自然な除去と、常にみずみずしい綺麗な肌が露出される状態に導きます。

クレイ洗顔は泡立たないタイプですが、潤いを逃さずちょうどよく汚れを取ってくれます。それに加えて肌の保水が高まる化粧水とゲルにより、7日間のトライアル最中でもざらつきの軽減が期待できます。

最大の特徴

医療レベルの浸透維持技術で保水感が高い
365日返品保証で実感に自信

セラミド増加作用のライスパワーエキスNo.11を主体とした、化粧水、美容液、クリームのセット。

よりライスパワーエキスの良さを引き出せる成分で、オールインワンより高い水分感が実感できる特徴があります。

特にごわついた角質にはスムーズに解きほぐす感覚があり、オールインワンでは歯がたたないざらつき肌に最適です。

最大の特徴

芸能界・高級ホテルアメニティでの使用率が高い
医薬部外品の実績

既に肌が薄くなっている人はこちらでケアを推奨

敏感肌専門ブランドで、拭きとり化粧水やピーリングで角質層が薄くなって敏感になっている人に使いやすい製品です。

セラミドを重視したブランドで、そのライン中でも一番保水力と持続に優れたライン。ベーシックな洗顔石鹸と洗顔フォームは、シンプルなようで、汚れをしっかり落としつつ潤いは残すいい製品です。クレンジングもこれ以上肌を薄くしない優しい、かつメイク落ちがいいタイプ。

濃厚なセラミド化粧水と肌を守り高めるクリームの2点ケアでざらつき肌から滑らか肌に。

刺激が怖い人は一度は試すべき候補の一つです。

最大の特徴

ピーリングのしすぎた肌にも安心な敏感肌専門ブランド
大雑把な人でも間違えないセラミド保護ケアが可能

同じく敏感肌専門ブランドで、こちらはエイジングケアラインです。

肌が薄くなった上に保水力が低下してざらついている肌は、健康な肌に比べてシワやくすみが圧倒的にできやすくなります。

アヤナスは敏感な肌でも積極的にエイジングケアができる特別なコスメ。コラーゲン生成をサポートし、茶色っぽいくすみを生み出す糖化にもアプローチ。ただ潤いを保つだけではない、100%のケアができる他にはない保水力化粧品です。

日中の刺激防止、毛穴カバーをしつつ、セラミドなどで保水を続けるBBクリームも要件等製品です。日中がスキンケアになり、ざらつき肌を見た目にも内からもケアしてくれます。アヤナスBBクリームに関してはこちら

最大の特徴

ピーリングのしすぎた肌にも安心な敏感肌専門ブランド
大雑把な人でも間違えないセラミド保護ケアが可能